★NOHARAロゴ★.png

​野原住環境株式会社

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-1-11

​TEL:03-3355-4163 FAX:03-3355-4168

MAIL:into-3dscan@nohara-inc.co.jp

HP:http://nle.nohara-inc.co.jp/

Copyright© Nohara Living Environment, Inc. All Rights Reserved.

INTO

    の活用方法

~建築業界~

■Case1 現場状況を簡単に360°確認・共有できるツールとして

●現場調査のクオリティUP

現調時の撮り忘れや見たいところが撮れていない、どこを撮ったのかが後から見てわからない、、こんな経験はないでしょうか。INTOでは物件を360°で撮影できるから撮り漏れがなく、現調時のよくある失敗を防ぎます。

●工事履歴のデジタルストック

施工中を段階的に記録することで工事履歴をストックし、施工品質の担保に繋がります。

●まるで現場にいるかのような正確な情報共有

URLで簡単に共有できるから、例えば設計士と現場との仕様確認や取り付け位置の指示がどこにいても可能です。また、施主への正確できめ細やかな情報共有をすることで、信頼感UPへ繋がるコミュニケーションツールとしても活用できます。

■Case2 自社物件PR,アフターフォローに役立つデータライブラリーとして

●3Dコンテンツで施工事例を紹介、顧客に選ばれるプロモーションを

3Dコンテンツ内には、設計士のこだわりや物件の魅力等の情報を埋め込むことができます。情報を埋め込んだ物件データをwebサイトで公開すれば、物件の魅力が顧客へ伝わりやすく、他社との差別化や自社物件のブランディング、プロモーションへ役立ちます。

●OB顧客へのアフターフォローで次のビジネスチャンス獲得

工事履歴や設備情報を図面ではなく映像で記録しストックすることで、アフターフォロー時にも的確な提案が可能です。例えば、あらかじめ躯体・配管・下地の画像を埋め込んでおけば、OB顧客への定期点検の際にリフォーム等の的確な提案ができ、新たなビジネスチャンスに繋がります。